委託で宅配 宅配はお客様が笑顔の数で仕事が評価される

自分の仕事は何で評価されるのでしょうか??

だいたいのことは数字で表されるもので評価されていませんか??

営業成績が・・・
売り上げが・・・
経常利益が前年度の〇%向上とか

宅配業のなかにもあります。
1時間に〇個配達した
今日だけで〇個配達できた
不在が〇個しかなかった

などなど

ですが、この数字がスゴイだけでは必ずしもいいドライバーとは限りません。

僕たちの売り上げ(収入)は配達した数がすべてです。
そのため、お客様が意図しない宅配BOXの使い方をしたり
封筒の荷物を黙ってポストにいれたり
時間帯指定も完全無視して配達したり

自分本位の配達をする人も残念ですがいるのです。

自分の収入はたくさんあるでしょう
同じ収入を得られるのなら仕事の時間は短い方がいいでしょう

でも、おろそかにしてはいけない大事なものがあると思います。

配達業は送りたい人がいて受けとりたい人がいて初めて成り立つビジネスです。
当然、送り主は受取人に喜んでもらいたいと思って送ります

僕たちはその思いを果たすために
ほんの少しのお手伝いをしているのです。

ですので、僕たちが配達に行って不手際があり
受取人の方が不快な思いをする。
そして、せっかく気持ちを込めて贈ったものが
僕たちのせいで喜びが半減するなんてことがあってはいけません。

僕の経験上だけの話ですが
こういう自分本位に仕事を進める人は結構クレームが多いです。
またクレームの一歩手前にいる人が多いです。

そうなれば配達業者の社員の評価もぐんと下がります。
仕事はどんどんしにくくなります。

逆情けは人の為ならずの状態になります。

売り上げは多いけどクレームが多いというエリアのドライバーは
配達が下手くそなんです。

どれだけ早く配っても不在の数が少なくても下手くそです。
(あくまで僕の持論です)

だってビジネスの基本の
「人に価値を与えた対価としてお金をいただく」が全然できてないんですから

僕はお客様が望むいことを実現するために最大限尽くします。
僕は営業時間外でも平気で配達しに行きます。

だって、お客様がどうしてもほしいっていうんですもん。
うだうだ電話で話している暇があったら配達したほうが
お互いのためですしね

結果として前回のお話のようにクレームが起きなくなります。

てか、単純にお客様が笑顔で迎えてくれたらうれしいじゃないですか。
仕事として当たり前のことをしているだけですけど
「今日も頑張ってるね」とか「お疲れ様、気をつけてね」って
行ってもらえると元気がでます。

そういう笑顔がお客様の自分に対する評価だと思います。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です